KBSWorld
  • 検索する

ドキュメンタリー特選~文明の記憶! 地図 4部作

出演
放送時間
2012年9月5日(水)スタート
本放送【水】13:00~14:05
再放送【土】07:00~08:00
ドキュメンタリー4部作
制作日程:2010年8月~2012年1月

*5日【水】本放送スペシャル番組のため放送中止
放送スケジュール&ゲスト情報
みどころ
見どころ
*韓国で初めて‘地図’をテーマにした文明ドキュメンタリーが登場!
2年に及ぶ制作期間、35か国での海外撮影、全編DSLR(デジタル一眼レフカメラ)撮影を通した実験的映像。
*世界で最初に公開された朝鮮の世界地図、数千年間眠りについていた人類の偉大な地図、徐々に明らかになる地図の秘密に迫る!
*『烏(オ)鵲(ジャッ)橋(ギョ)の兄弟たち』のチュウォンが担当するナレーションも必見!
コーナー紹介
1部:月の山
600年前、朝鮮で1枚の世界地図が誕生した。1402年に作られたこの地図はアフリカ大陸が完全な形で描かれた最初の世界地図だ。当時のヨーロッパ人たちも喜望峰を発見した後に地図にアフリカ大陸を描くことができた。だがこれより約100年前の朝鮮の世界地図にどのようにしてアフリカが登場することができたか?地図の秘密はアフリカナイル河の水源にある。ナイル河の水源地に描かれた山。この山の名前は‘月の山’だ。

2部:プトルレマイオス
新大陸を発見したコロンブスの遺品の中に1枚の地図がある。2千年前、古代ギリシャの地理学者プトレマイオスが描いた世界地図。これは古代人類の地理学が集大成された伝説の地図だ。地図は当時誰も見ることができなかったユーラシア大陸の東端、中国まで描かれていた。人類はどのようにこの偉大な世界地図を誕生させることができたのか?そしてこの1枚の地図を通して人類はどのように新大陸発見という新たな歴史を書き換えることができたのか?プトルレマイオスの世界地図に隠された文明交流の秘密を明かす。

3部:プレスター・ジョン
新古代の海を支配したのは東洋だった。だが1枚の地図が東洋と西洋の運命を変えた。1502年に作成された <カンティーノ世界地図>。この地図の誕生でヨーロッパは東方への海路を掌握し世界史の主人公になった。この偉大な地図はどのように誕生したのか?それは東方のキリスト教王‘プレスター・ジョン’に関する伝説から始まる。ヨーロッパ人たちが持っていたプレスター・ジョンへの情熱と幻想。自分たちをイスラム勢力から救ってくれると信じていたプレスター・ジョンへの信頼が結局は東方の海路を開くことになり、ヨーロッパの大航海時代を開いた。そしてその瞬間、東西文明の新たな記憶が始まる。

4部:地図戦争
近代の歴史で地図は権力だった。地図を持つものがさらに広い土地を占め、権力を振るうことができた悲劇の時代。日本は地図を手にしこの時代の勝者になろうとした。日本が注目した強国の地図は何だったか?アジアへの新航路を開いたオランダの地図、産業革命の土台になったイギリスの地図、そして太平洋を開いたアメリカの地図まで…西欧列強は地図と合わせて世界の覇権を手にすることができた。地図戦争の時代、地図の中に隠された記憶を振り返る。


会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます