KBSWorld

黄金のリンゴ(황금사과) 2005年 全30話

  • PHOTO Gallery
  • OST
  • コミュニティ
出演
放送時間
2014年11月3日(月)スタート!
本放送【月・火】14:30~15:45
再放送【月・火】深夜1:50~3:05
みどころ
*リクエスト放送!りんご農園で育った4人兄弟の運命は?
1960~1970年代の韓国を舞台に、愛と運命の悲劇にも屈せずひたむきに家族の幸せを勝ち取ろうとする4人兄弟の波乱万丈な人生と恋愛を描く感動作!
*「冬のソナタ」のパク・ソルミ、「オールドミスダイアリー」のチ・ヒョヌ、「恋愛結婚」のキム・ジフンなど豪華キャスト出演!
あらすじ
ある田舎の静かな村。ギョンスク(パク・ソルミ)の家に一人の女(パン・ウンヒ)が娘グムシル(コ・ウナ)を連れて嫁に来る。嫁に来た後、夫チョンドン(チェ・イルファ)とのたび重なるケンカで家出が多くなり、遂には村の大地主で国会委員出馬者パク社長(イ・ドクファ)と不倫関係になる。

ある日、友達と隠れん坊をしていたギョンミン(チ・ヒョヌ)は、新しい母とパク社長との不倫現場を目撃する。噂は瞬く間に村中に広がり、ギョンスクの家族に徐々に運命の影忍び寄るのだが・・・
登場人物
パク・ソルミ キム・ジフン チ・ヒョヌ コ・ウナ チェ・イルファ パン・ウンヒ
ギョンスク役-パク・ソルミ
楽天的で明るく純粋な感性と一見弱く見えるが熱い内面を持つ。与えられた現実にたくましく向かっていき、運命に順応するというより自ら運命を切り開いていくスタイル。 亡くなった母に代わり家事と弟の面倒をみながら辛うじて中学だけ卒業したが、いつかは夜間高校に進学する夢を持つ。村の人たちはそんなギョンスクに一目置く。 果樹園を飛び回り農作業、弟たちの面倒と猫の手を借りたいほどに忙しいが、遊びも欠かさないギョンスク。 そんなある日、静かで平和だった村を揺さぶる1つの事件が起こり、ギョンスクは運命的な愛に悩みゆがんだ欲望に傷つきながら、人生の険しい荒波にもまれることになるのだが・・・
ギョング役-キム・ジフン
ギョンスクの弟。自分勝手でプライドが高い現実的な人物で典型的エリートとして育つ。 食の好みも難しくギョンスクを困らせる。大人しく善良な父チョンドンの人生の転落に深く傷を負い、強くなるために歯を食いしばって勉学に励む。 だが「大人しくて善良」と言われるのが一番嫌いだ。何のためにもならない無能力な言葉。単にその言葉で飾られた父の人生を見るのはむしろ苦痛だったため、その反動で成功しようと野望に燃える。大変計算的で抜け目なく緻密だが、過敏なほどに神経質で小心者でもある。
ギョンミン役-チ・ヒョヌ
ギョンスクの末弟。反抗的だが温かい心を持ち、偽りや飾り気がなく成功にも特に関心がない。正義感が強く誰よりもギョンスクの気持ちを理解する。 鏡を見て襟を立て格好つけるのが趣味といえば趣味で、しかもかなりの映画マニア。 地元で封切する映画なら何が何でも忍び込んで観る。幼くして観られないものも観て育ったせいか精神年齢が高いと自分で思っている。父チョンドンの波乱万丈の人生を見て深く誓ったことは「何があっても結婚は1回だけする!」だ。
グムシル役-コ・ウナ
ギョンスクの家に継母が連れてきた娘。 明るく無邪気で大人しくかわいい。継父であるチョンドンを実の父のように慕いギョンミンを除いて家族皆が彼女のことを好きだ。 母に手を引かれ初めてチョンドンの家に来た日からグムシルはギョンミンに特別な感情を抱くが、家族で唯一グムシルを嫌うギョンミンにかなり傷つけられる。それでもグムシルはギョンミンが好きだ。いつも永遠にギョンミンと一緒にいようとするが成長しながら成し遂げられぬ運命の愛に直面する。
チョンドン役-チェ・イルファ
貧しさを宿命のように受け止めてきた父。 パク社長の果樹園の管理人。小心者で卑屈なだけに順従的でもある。自分の土地は水辺の田んぼ5坪が全てなのでパク社長はチョンドンの恩人で命綱に変わりない。人々がチョンドンに向かって言う言葉は限りなく善良で法なしに生きる大人しい人だ。
グムシルの母役-パン・ウンヒ
パク社長の誘惑に負け不倫する。考えが浅はかでおしゃべりで自由奔放かつ自己中心的だ。漲るセクシーさで男が多い。彼女のモットーは「不利なら言い張れ!」彼女の見境ない行動で多くの人が傷つく。グムシルを生んだものの先天的には母性欠乏で、グムシルが手に負えない。

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます