KBSWorld

太陽の女(태양의 여자)  2008年 20話

  • PHOTO Gallery
  • OST
  • 壁紙ダウンロード
  • コミュニティ
出演
放送時間
2015年 12月 1日(火) スタート!
本放送【月・火】16:15~17:30
※初回のみ16:15~17:35
みどころ
*リクエスト放送!
*韓国で最高視聴率27%!女心を捕らえる興味深いストーリー展開で話題を集めた超人気ドラマ!
*キム・ジス、イ・ハナ扮する腹違いの2人の姉妹の運命と復讐、そして彼女たちとの愛情関係で縛られる2人の男のすれ違いの愛を描く、これぞ「ザ・韓流ドラマ」!
あらすじ
韓国一の人気アナウンサーシン・ドヨン(キム・ジス)は、アジアTVフェスティバルで大賞をとり女子大生がなりたい成功した女性1位に選ばれるなど、多くの愛と期待を受け順風満帆だ。友達の服屋で仕事をするユン・サウォル(イ・ハナ)は、高校時代自分に泥棒のぬれ衣を着させ退学に追いやった友達の結婚式にのり込み復讐する。
一方、有能なM&A専門家キム・ジュンセ (ハン・ジェソク)にもプロポーズされ幸せな日々を過ごしていたドヨンに、見知らぬ女から電話がくる。「私がお前の生みの親だ。死ぬ前にお前に会いたい。」 出張を口実に行った香港で、ドヨンは生みの母に会い12歳の時自分が犯した秘密の事件について生みの母も知っていた事実に驚く。ショックで酒を飲み酔いつぶれたドヨンは、チャ・ドンウ(チョン・ギョウン)に助けられ彼の家で一夜を過ごす。 香港テコンドーの師範ドンウは、ソウルへ行けば孤児院で一緒に育った初恋の人ユン・サウォルを探してくれとドヨンに頼むのだが….
登場人物
キム・ジス ハン・ジェソク イ・ハナ チョン・ギョウン カン・ジソプ カン・インドク  
チョン・エリ
シン・ドヨン役 -キム・ジス
韓国一の人気アナウンサー。最高の学歴、家柄、美貌、才能、可愛らしい性格まですべてを手にした女。常に華やかに輝いている。プログラムの企画と進行に卓越した能力を認められ、女子大生がなりたい成功した女性1位に選ばれた。すべての人に親切で優しい、しかし恐ろしい女。毒毒しく勝負師的な気質で、常に他人に認められ視線を受けていないと不安だ。自分に厳しく、相手を自分の味方につける技に長けている。華やかで暖かい微笑の裏には寂しさと冷たさが隠れている。
キム・ジュンセ役 -ハン・ジェソク
国内最高のM&A専門家。アメリカ名門大出身でシン・ドヨンの恋人。 優しくてまっすぐな男。ジェントルマンでマナーがあり女心が分かる。 自分にも他人にも厳しい。理性的で時には冷酷な面も見せる。
ユン・サウォル役-イ・ハナ
デパート高級ブランド館のVIPコーナーのパーソナルショッパー(Personal Shopper)。明るくて肯定的で決めたことは必ず貫き通す強い女。地方の孤児院で育った。ファッション感覚に優れていて記憶力がいい。自力で首都圏の4年制大学を出た後、衣類会社で短期間働き友達の事業(服屋+インターネットショッピングモール)を助けた。ファッションアイテムを選ぶ感覚に長けている。ある日物心がついた時から孤児院にいた。だが薄れた記憶の中には父、母がいて誰より好きだった姉がいた。姉と楽しく笑った記憶がはっきり残っている。いつか必ず会えるだろうと信じて一生懸命生きている。
チャ・ドンウ役-チョン・ギョウン
英語名はポール。タフで熱い男。香港テコンドーの師範。 無茶で無情なように見えるが熱い心を持った男。愛のために自分を犠牲することができる。母を亡くした父が再婚するために捨てた息子。孤児院ではユン・サウォルと大の仲良しだった。 サウォルを愛した。後援者の息子に心があるサウォルに胸を痛めたが、まだ忘れることができない初恋だ。
ホン・ウンソプ役-カン・ジソプ
シン・ドヨンと同じ孤児院出身。暴力前科2犯。卑劣な男。 教授の家に自分が養子に入ると思っていたがドヨンが養女に入ったことで彼女に敵対心を抱くようになる。自分の幸せを奪い去った女…いつも恨んでいた。 その家に本当の子供が生まれたという知らせを聞き、ドヨンが追い出されることを願っていたのだが…
シン・スホ役-カン・インドク
ドヨンを養子に貰った父。
経営学科教授から現在デパートの常任顧問。寡黙で情に溢れる。
チェ・ジョンヒ役-チョン・エリ
ドヨンの母。美大の彫刻科教授。品があり知的だが、冷たく本心を見せない。名家の出で美貌と知性を兼備した女。完璧な女として周囲の羨望の的だったが、結婚後子供に恵まれず気持ちが歪み始める。養子を貰うことは自分の限界を認めることになるため、ドヨンを養女にし育てながらも心穏やかではない。

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます