KBSWorld
  • 検索する

クォン家の娘たち 1994年  70話

  • コミュニティ
出演
放送時間
2007/7/13 スタート
本放送:【水・木・金】 19:45-21:00
再放送:【水・木・金】 深夜03:35-04:45
みどころ
*絶えず笑いがあり、家族の愛が満ち溢れ、寂しいが人生に生きがいを感じられるドラマ
あらすじ
貧しい歯医者、クォン・ヒョクジュは五人の娘と共に暮らす父親だ。
上は厳格な父親、下の厄介者の妹はクォン博士を信じ、女家家族の調整役を担っているが、クォン博士の女家家族はいつも大小何らかの騒動が起きている。
長女イリョンは生活力のない画家の夫ヒョクミと離婚寸前までいったが、仲直りをし、新しく設計事務所を開業、しかし不渡りを出してしまう。展示会で成功した夫の助けを借り危機を乗り越えた。
次女チャリョンは、女家家族に下宿生として入ってきたドイツ人カール・トマとイ・ヨンシック社長との三角関係の苦しみを経て結局ドイツ人カール・トマと結婚する。しかし、実際ドイツ人の義父母がその二人の結婚を認めようとせず、クォン博士はクォン老人と共にドイツまで会いに行くなど努力しそれが実を結び義父母の心は開かれた。
三女セリョンは合理性を追求する新世代夫婦で夫インテといつも言い争っている。子供はいらないというセリョンと父親になりたいインテの神経戦は姉のイリョンの借金を隠れて助けたインテに感動したセリョンが要求を呑むことになった。
四女ウリョンは旅行中偶然出会ったジュンスを好きになったがジュンスがウリョンの双子の妹ソリョンに関心を持っていることに失望する。そんなウリョンの前にヒョシックという怪しい人物が現れ、彼との関係が少しずつ発展していく中彼が財閥の息子であることが発覚し、クォン博士の女家家族はまた騒がしくなった。
一方、ジュンスと恋に落ちたソリョンは一日も早く結婚できることを望んでいるが、ジュンスの留学問題でジュンスの両親が反対する。
このようにずっと騒がしい女家家族。しかし、その中で絶えず笑いがあり、家族の愛が満ち溢れ、寂しいが人生に生きがいを感じる頼りがいのある父親が居れば、どんな困難も乗り越えることができる。
登場人物

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます