KBSWorld

家族なのにどうして?(가족끼리 왜이래) 2014年 全53話

  • 人物相関図
  • コミュニティ
出演
    ユ・ドングン、キム・ヒョンジュ、キム・サンギョン、ユン・バク、ソン・ダムビ、パク・ヒョンシク(ZE:A)、ナム・ジヒョン、ソ・ガンジュン(5urprise)他
    演出:チョン・チャングン  脚本:カン・ウンギョン
放送時間
本放送は、2015年1月 3日(土) スタート!
本放送【土・日】21:45~22:55
再放送【土・日】09:40~10:50

ダルボン役 パク・ヒョンシク(ZE:A)と ウノ役 ソ・ガンジュン(5urprise)のサイン入り色紙をプレゼント!
↓クリック!



みどころ
*日本初放送!韓国で41.2%を獲得し現在、視聴率1位の話題作「家族なのにどうして?」が早くもスタート!
*「2014KBS演技大賞」で大賞、作家賞、カップル賞など8つの賞を受賞した大人気ドラマ!
*『愛しの金枝玉葉』の演出家チョン・チャングン×『製パン王 キム・タック』の脚本家カン・ウンギョンが贈る笑いあり感動ありのハートフルストーリー。
*いつも近くにいるからこそ、忘れがちな家族への感謝の気持ちや大切さを気付かせてくれるホームドラマ。
*日本でも大人気のK-POPアイドルZE:Aのパク・ヒョンシクと『エデンの東』のナム・ジヒョン、イケメングールプ5urpriseのソ・ガンジュンらが繰り広げる三角関係にもご注目!
*『国家が呼ぶ~恋する国家情報局』のキム・サンギョン×『パートナー』のキム・ヒョンジュの恋の行方もお見逃しなく!
あらすじ
豆腐屋を30年間運営しながら子供たちを育てた父チャ・スンボン(ユ・ドングン)はいつもと変わらない朝を迎えたが、実は今日はスンボンの誕生日だった。しかし子どもたちは自分のことしか考えておらず、祝おうともしなかった。その後、あることをきっかけにスンボンはバラバラになってしまった家族の絆を強めようと心に決める。
一方、カン・ソウル(ナム・ジヒョン)は12年前に一度だけ会ったことのある少年との結婚の約束を果たすため、その少年を探しに都会にやってきたのだが…。
登場人物
ユ・ドングン キム・ヒョンジュ ユン・パク パク・ヒョンシク キム・サンギョン ソン・ダムビ ナム・ジヒョン
ソ・ガンジュン
チャ・スンボン役:ユ・ドングン
30年間、豆腐屋を運営してきた父。
勤勉で誠実そして責任感の強い性格だが、子供たちのためならなんでもしてしまう親バカ。
チャ・ガンシム役:キム・ヒョンジュ
チャ家の長女。デオグループの秘書室の室長。
14年前の大失恋によって絶対的な功利主義を心に決め、1人で生きて行くことを決意した。
仕事一筋の秘書室の女王。
GKグループの序列2位で常務を務めるムン・テジュ(キム・サンギョン)とぶつかりあいながらも心が揺れ動き始める。
チャ・ガンジェ役:ユン・パク
チャ家の長男。胃がんの専門医。
自分の話さえ他人事のように話すクールな性格で、父であるスンボンには感謝しているが今の成功は自分自身による努力の賜物だと考えている。
ある日、病院長に婿養子にならないかと提案され結婚を決める。家族には一方的に結婚の報告をする。
チャ・ダルボン役:パク・ヒョンシク
チャ家の次男(末っ子)。
現在、求職中のいわゆるニート。 悪徳商法を行っている会社に騙され、チャ家ではダメ息子になってしまっている。
そんなダルボンの前に12年前に結婚の約束をしたというカン・ソウル(ナム・ジヒョン)という田舎娘が現れる。
ムン・テジュ役:キム・サンギョン
GKグループの序列2位の完璧主義者。母が亡くなり、初めて父(ムン・デオ)の存在を知ることになる。自分の力で入社し、常務の地位に昇り詰めるが、頑なに父の事を会長と呼び続ける。
男尊女卑的な考えを持っており、秘書室の女王と呼ばれるチャ・ガンシム(キム・ヒョンジュ)とぶつかりあうが、だんだんガンシムに上司と部下以上の感情が少しずつ芽生え始める。
クォン・ヒョジン役:ソン・ダムビ
病院長の娘でチャ・ガンジェ(ユン・パク)の妻。
両親に依存気味のヒョジンは、父の決めた結婚にも素直に従うエレガントで教養のあるお嬢さま。 。
カン・ソウル役:ナム・ジヒョン
12年前に溺れていたイケメンの少年を助けてあげ結婚の約束をしたのだが、その約束を果たすためだけに都会に出てきた田舎娘。 。
ユン・ウノ役:ソ・ガンジュン
誰もが知っている有名な元ニュースキャスター、ペク・ソルヒの息子。
特に将来の夢や希望はなく、母親の評判を傷つけない程度に適当に生きている。
元アイドルスターでダルボンとは一時仲が良かったが、今は疎遠に近い状態で二度と会うつもりもなかった。 そんなウノの前にダルボンと田舎娘のカン・ソウルが現れるのだが…。

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます