KBSWorld
  • 検索する

きっと☆うまくいくよ!(다 잘될 거야)   2015年 全102話

  • コミュニティ
出演
    チェ・ユニョン、クァク・シヤン、オム・ヒョンギョン、ソン・ジェヒ、ホ・ジョンミン他 演出:キム・ウォニョン 脚本:イ・ソニ
放送時間
2016年4月13日(水)スタート!
本放送【水・木】夜10:05~11:20(2話連続)
再放送【土・日】午後7:40~9:00(2話連続)

みどころ
*日本初放送!
*クァク・シヤン主演。愛しているのに愛せない運命のいたずらに翻弄されながらも恋に料理に奮闘する若者たちのラブストーリー!
*『ああ、私の幽霊さま(原題)』では無愛想だけど心優しい役で女性ファンが急上昇したクァク・シヤンが今回は1人の女性を一途に愛する度胸のある男性役を好演!
*主人公ガウンを巡る三角関係、出生の秘密、偽装結婚など複雑に絡み合う悪縁。ガウンを中心に憎み切れない人間関係を描く。
*自分のせいで弟を事故で失い心の傷を負ったガウン、不遇な環境で育ち非道な道に進んでしまう悪女ヒジョン、自分を捨てた母を探すギチャン、妾の子として生まれ悩む財閥2世のヒョンジュンなど心に傷を持った主人公たちが愛情と料理を通して心を癒すヒーリングストーリー。
あらすじ
料理の達人 クム・ミンスの娘であるガウン(チェ・ユニョン)は父のレストランで働くのを避けるため、ある食品会社の公募にヒョンジュン(ソン・ジェヒ)、ジングク(ホ・ジョンミン)と一緒に参加することに。そのせいで、これまでメンバーになるために努力してきたヒジョン(オム・ヒョンギョン)の努力は水の泡となってしまいガウンへの敵対心は強まっていた。
登場人物
チェ・ユニョン クァク・シヤン オム・ヒョンギョン ソン・ジェヒ ホ・ジョンミン ハン・ボルム
クム・ガウン役:チェ・ユニョン
ひまわりのような性格。レストランの従業員で小売店を運営している。音痴、機械音痴、道には迷うし、おまけに恋愛にも鈍感なガウン。早くに母親を亡くし、忙しい父親に代わって家事や妹の世話までしてきたため、自分のことや恋愛はいつも後回しだった。子供の頃から料理が好きだったガウンは父親のレストランの厨房で遊ぶのが大好きだった。しかし、ある日つい夢中になって遊んでいる間に、弟が外に出て事故に遭い死んでしまう。自分のせいだと思ったガウンはそれ以来、もう二度とあの厨房には入りたくないと思っている。
カン・ギチャン役:クァク・シヤン
ピョンピョン跳ねるサバのような男。 モデル等 各種アルバイトをこなしてきたガウンの同僚。父は刑務所、生みの母の名前も顔も知らないまま、育ての母の元で育ち反抗的な態度を取ってきた。辛くて孤独だった少年時代から信頼しているのは姉のヒジョンだけだった。
カン・ヒジョン役:オム・ヒョンギョン
ギチャンの姉。間違った欲望によって悪事重ねる悪縁の根源。お酒漬けの父と血の繋がらない母の元で育ち、不遇な幼少期を過ごした。自分たちを捨てて浮気相手と家を出て行った生みの母親が再婚して子供までいることを知り、ヒジョンの心は荒んでいった。この地獄から抜け出す方法は出世とお金しかないと思っている。
ユ・ヒョンジュン役:ソン・ジェヒ
ガウンの大学の先輩。 誰もがうらやむ完璧なルックスで優しい財閥2世だが、実は心に深い傷を持っている。ホステスの母から生まれたヒョンジュンを父は認知してくれず戸籍にも入れてくれなかった。最近の唯一の楽しみはジングクと一緒にガウンの家に遊びに行くこと。ガウンが夢見る愛を育みたいと思っている。
チャン・ジングク役:ホ・ジョンミン

家族みんなの不幸の根源ともいえる男。大学時代 同級生だったガウンの家によく遊びに来ていてガウンの妹ジョンウンとこっそり付き合っていた。ジョンウンとの結婚の話が進んでいたある日、どこからともなく現れたヒジョンによって人生を壊されてしまう。一夜の火遊びをしてしまったのか何なのかわからないまま、突然現れたヒジョンにジングクの子供を妊娠していると言われる。

クム・ジョンウン役:ハン・ボルム

ガウンの妹。画家で水仙(スイセン)の花のような清楚な魅力を持っている。 天使のような容姿と性格で世の中には自分のように心の綺麗な人ばかりだと思っている。片思いをしていたジングクと幸せな日々を送っていたのも…つかの間、信じていたジングクが他の女性を妊娠させたなんて…。仕方なくジングクと別れ、留学することに。5年ぶりに帰国したらジングクはバツイチの1人身になっていた。5年ぶりの再会に2人の愛は再び燃え上がり、姉ガウンの反対を押し切り、結婚してしまう。


会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます