KBSWorld
  • 検索する

ムグンファの花が咲きました(原題)(무궁화 꽃이 피었습니다)2017年 全120話(予定)

  • コミュニティ
出演
    イム・スヒャン、ト・ジハン、パク・ギュリ、イ・チャンウク、ナム・ボラ、イ・ウニョン、ヤン・スンピル、パク・ヘミ他
    演出:コ・ヨンタク
    脚本:ヨム・イルホ、イ・ヘジョン
放送時間
2017年7月26日(水)午後05:30~06:50 
1、2話先行放送!

※9月本放送スタート! (予定)
みどころ
*日本初放送!『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人』イム・スヒャン、『花郎(ファラン)』のト・ジハン、KARA出身のパク・ギュリ出演!警察を舞台に新人女性巡査とエリート警官が繰り広げる痛快ラブストーリー!
*『最高だ、イ・スンシン』のイ・ウンギョン、『サメ ~愛の黙示録~』のナム・ボラ、『TV小説 私の花の雨』のイ・チャンウクら出演!
*新人警官になったシングルマザー グンファ(イム・スヒャン)&エリート警官 テジン(ト・ジハン)&警察庁長官の姪 ウンジュ(パク・ギュリ)が繰り広げる三角関係も見どころ!
*犯罪、家庭内暴力などを解決していく中で‘正義’と‘家族の愛’とは何かを描くヒューマンストーリー。
*韓国で5月末にスタートしたばかりの最新ドラマの第1.2話をいち早く先行放送!本放送は9月スタート!お楽しみに!
あらすじ
海外研修を終えたエリート警官テジン(ト・ジハン)は飛行機で酔っ払い大暴れしているドヒョン(イ・チャンウク)に出会う。見るに見かねたテジンはドヒョンを黙らせる。一方、今まさに警官になったばかりの新米巡査ム・グンファ(イム・スヒャン)は、バイクに乗った窃盗犯を逮捕する途中に、共犯者に攻撃され倒れてしまう。そこへタイミング良く、通りかかったテジンがム・グンファを助けるのだが…。  
登場人物
イム・スヒャン ト・ジハン イ・チャンウク イ・ウニョン ナム・ボラ パク・ギュリ
ム・グンファ役:イム・スヒャン
29歳。チャムスリの交番の巡査。
元ボクサーで、警察官だった夫が殉職した後に、娘が産まれ、警察になるまで波乱万丈でドラマチックな人生を生きてきた。
負けん気が強く、プライドも高い男らしい性格だが、実は優しく愛くるしい女性だ。
研修を終えて戻ってきたチャ・テジンチーム長とパートナーとなり、あらゆる事件に出動することになるが、彼のリーダーらしい姿に心ときめくようになる。
チャ・テジン役:ト・ジハン
31歳。チョンスリ交番のチーム長(警衛)。
警察学校を首席で卒業したエリート警官。不条理、不合理、無礼なことが許せない理性的な正義派。そんな彼にも傷がある。それは自分と家族を捨てて出ていった母だ。海外研修を終え、勤務地に向かう途中で、窃盗犯と戦い正気を失ったム・グンファを助けることに。後にパートナーとしてまた再会するが…。
チン・ドヒョン役:イ・チャンウク
33歳。投資家。私債業者の息子でボラの兄。
めったに笑わず、ナーバスな性格。私債業者の父のおかげでお金には不自由せず育ったため、傍若無人で自分のしたことに責任はとらず、弱い者いじめをしている。自分にとって邪魔な存在である義母ソンヒを目の敵にしている。
ある日、クラブでム・グンファに窃盗犯と間違われ確保された事から 2人の出会いが始まるのだが…。
ム・スヒョク役:イ・ウニョン
29歳。ダミ企画 代表。ム・グンファの双子の兄。
優しくて性格の良い 青年。
ム・グンファにとってスヒョクは、幼い頃、亡くなった父の代わりに彼女を見守る担当で、母親ソンオクにとっては恋人のような息子だ。
そんな彼だが、実は色盲というハンディキャップを持っている。緑色が紫色(韓国語:ボラ色)に見えてしまう。そのせいなのか(?)、携帯電話が入れ換わってしまったことから出会ったチン・ボラにどんどん惹かれていく。  
チン・ボラ役:ナム・ボラ
28歳。料理研究家&フードースタイリスト。 私債業者の娘でドヒョンの妹。 落ち着いていて大人しい話し方、柔らかい雰囲気を持っているが、仕事に対する情熱を持っている魅力溢れるオムチンタル(お母さんの友達の完璧な娘)。食べ物=幸せ!食べる事も好きだけど、料理を作って誰かに食べてもらう事はもっと好きだ。自分が色盲であることを言いながら明るく笑うスヒョクに思わず心が奪われるが…。
チャン・ウンジュ役:パク・ギュリ
31歳。チョンスリ交番の警長(巡査の上)。
警察庁長官の姪。テジンに好意を抱いている。
大企業のプログラマーとして働いていたが、特別採用で警官になった。警察広報モデルになるほどの華麗な美貌の持ち主。テジンの祖母ヨンシルとテジンの姉ヒジンはウンジュをテジュンの相手として好感を持っているが…。

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます