KBSWorld
  • 検索する

ドキュメンタリードラマ 韓国史記(原題) (한국사기)  2017年 プロローグ+10話

  • コミュニティ
出演
    出演:チョン・ユヒョン、カン・スホ、ホン・ジョンホン、イ・スンフン、イ・ヒョンス、チョ・ジャンホ、キム・ジヨン、ウ・ダヨン、チョ・ジフン他
放送時間
2017年7月20日(木)スタート!
本放送【木】午後05:30~06:25

みどころ
*日本初放送!旧石器時代から新羅が三国統一を果たすまでを紹介しながら、韓国の民族のルーツを辿る韓国歴史ドキュメンタリードラマ!
*歴史ドラマファンの方、必見!ドラマ化されているチュモン、ソソノ、キム・チュンチュ、ムンム王らの歴史を専門家の解説&再現ドラマでお届け!
*2017年に制作された最新作!古朝鮮、高句麗、百済、新羅の歴史を紹介、そして今の‘韓国’が出来上がるまでのアイデンティティの形成の根源を辿る作品。 
あらすじ
朝鮮半島に最初の人類が登場した旧石器時代から新羅によって三国が統一されるまでの過程を国家と民族、政治と外交から見つめる歴史ドキュメンタリードラマ!今の‘韓国’が出来上がるまでのアイデンティティの形成の根源を辿る。
登場人物
チョン・ユヒョン チン・ヨンウク イ・ブンホン カン・スホ イ・スンフン チョ・ジャンホ
ウ・ダヨン ホン・ジョンホン/チョ・ジフン キム・ジヨン
モジャルラ役:チョン・ユヒョン
1話 「人間の条件」

狼族サピエンスの部族長の息子。
生まれた時にホモ・エレクトスに誘拐され16歳になるまで自分の事をホモ・エレクトスだと思っている。優れた頭脳の持ち主で、狼の歯のネックレスを付けている。
サンチョジャグク役:チン・ヨンウク
1話 「人間の条件」

顔に大きな傷跡がある、ホモ・エレクトスの隊長。幼い息子をなくし、偶然発見したサピエンスの赤ちゃんを連れて帰り自分の妻と共に育てる。強い戦士で、典型的なリーダータイプ。
彼女役:イ・ブンホン
1話「人間の条件」

ホモ・エレクトスの中で唯一、モジャルラを理解していて後に恋人になる。
ジュンワン役:カン・スホ
3話「国家の誕生 古朝鮮」

自らを王と称した古朝鮮の王。
紀元前4世紀、燕の王が国を強くした後、自らを王だと称したように古朝鮮のジュンワンも同じく自らを王だと称した。朝鮮が王という称号を使い始めたということから、燕に相当する力をつけ始めていた事になる。燕から亡命し朝鮮に来たウィマンを信頼し西側の警戒を任せるが、彼はクーデターを起こす。
ウィマン役:イ・スンフン
3話「国家の誕生 古朝鮮」

衛氏朝鮮の初代王。
燕から千人の民を連れて古朝鮮に亡命してきた。ジュンワンの信頼を得て臣下になるが、次第に力をつけ始めたウィマンはある国への侵入を口実に首都を攻撃。ジュンワンに反逆する。  
チュモン役:チョ・ジャンホ
4話「民族の夜明けは、扶余から」

高句麗の建国者。
ヘモスとユファの間に生まれた子だが、扶余(プヨ)の王クムワの元で育つ。幼い頃から優れた能力を持っていたチュモンだが、クムワの息子達からの妬みとけん制のせいで妊娠中の妻を置いて扶余を離れることに。その後、数々の苦難と試練を乗り越え、高句麗を建国する。
ソソノ役:ウ・ダヨン
4話「民族の夜明けは、扶余から」

高句麗と百済を建国した女性。
扶余(プヨ)から亡命してきたチュモンと共に高句麗を建国。チュモンの最初の王妃になるが、彼の最初の夫人と息子ユリが現れ、自分の居場所の危機を感じ2人の息子を連れて高句麗を離れ、新しい国を建国することにする。  
ビリュ/オンジョ役:ホン・ジョンホン/チョ・ジフン
4話「民族の夜明けは、扶余から」

ソソノの息子。チュモンとソソノが結婚した時、すでに2人の息子がいた。チュモンは自分を王にしてくれたソソノの息子である2人を自分の息子の様に大切にしていた。しかしチュモンの実の息子ユリが現れ、2人の地位が危うくなる。そしてビリュ、オンジョ、母ソソノは3人で高句麗を離れることに。
ユファ役:キム・ジヨン
4話「民族の夜明けは、扶余から」

チュモンの母。河伯(ハベク)族君長の娘でありながら、ヘモスと愛し合った罪で太白山の南に島流しになる。そこで扶余の王クムワに会い、やがて彼の側室になる。その後、チュモンを産むがクムワの息子達がチュモンの命を狙っていると知り、扶余を離れることにする。

会社概要Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます