KBSWorld
  • 検索する

憎くても愛してる(原題) (미워도 사랑해) 2017年 全120話(予定)

  • コミュニティ
出演
    出演:ソンヨル(INFINITE)、ピョ・イェジン、イ・ドンハ、ハン・ヘリン、ソン・オクスク、キム・ボムレ、ユン・ジユ他
    演出:パク・ギホ
    脚本:キム・ホンジュ
放送時間
2018年2月21日(水)スタート
本放送【月~金】午後08:00~08:45
再放送【月~金】午前09:45~10:30
みどころ
*日本初放送!ソンヨル(INFINITE)、「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」のピョ・イェジン主演!恐慌障害を抱える化粧品会社のCEOが義母と衝突するブランド鑑定士に出会い互いに成長していくヒューマンラブストーリー!
*化粧品会社のCEOが身分を隠して社内の潜入調査を通して成長していくサクセスストーリー!
*血の繋がり、法的な繋がりを超えた‘情’を描く心温まるヒューマンストーリーも必見!
*INFINITEのソンヨル演じるツンデレCEOソクピョ&気が強いポジティブ女子ウンジョ(ピョ・イェジン)&苦労人の弁護士ブシク(イ・ドンハ)&トラブルメーカーのインターン イヌ(ハン・ヘリン)が繰り広げる恋の四角関係も見どころ!
あらすじ
ジーニアス グループの代表 ソクピョ(ソンヨル<INFINITE>)は横領罪で執行猶予を言い渡される。むしゃくしゃしていたソクピョはクラブに行くが、恐慌障害でパニックを起こしてしまう。そこへ、義母ヘンジャ(ソン・オクスク)から逃げていたウンジョ(ピョ・イェジン)がやってきて介抱したことから2人は運命的な出会いを果たすのだが…。
登場人物
ソンヨル(INFINITE) ピョ・イェジン イ・ドンハ ハン・ヘリン
ホン・ソクピョ役:ソンヨル(INFINITE)
ジーニアス化粧品のCEO、現在はジーニアス ビューティーセンターの下っ端職員。 働いている両親、特に忙しい母親のせいで‘母親からの愛情’を知らずに育った。そのせいか、誰かと親しくなることに過敏に反応する。彼にとって母親とは他人よりも劣る、‘仇’のような存在だ。 創立者である母親のおかげでジーニアス化粧品のCEOになり、会社を大きくすることに。しかし、恐慌性障害が出始め彼の未来に暗雲が立ち込める。弱り目に祟り目で、横領罪の濡れ衣を着せられ懲役1年、執行猶予2年を言い渡される。その後、判事に約束した通り、‘アンダーカバーボス’として会社に入り、働く中で運命の女性ウンジョに出会う。
キル・ウンジョ役:ピョ・イェジン
生まれながらのブランド鑑定士。 感受性が豊かな女性。思ったよりも攻略しにくい意地っ張り。貧しい生活をしていた10代を乗り越え、華やかなブランド女子として20代を生きることに全力を注ぐも、すべてを失い30代になり、やっと人生についてわかってきたところだ。 高校生の時にやってきたお金持ちの義母がとにかく嫌いだった。義母ヘンジャのお金を使い、世間の厳しさ知らず過ごしてきたが、未だにヘンジャのことは認めていない。しかし、突然の父が亡くなり、ヘンジャがいなくなってしまいはじめて家族の愛を理解し始める。  
ピョン・ブシク役:イ・ドンハ
弁護士。
義父と折り合いが合わず、中学2年生の時から一人暮らしを始めた。母は面倒を見ているふりをしていただけだった。それから5年後、母は義父の借金だけ抱えて、ブシクの元へやってきた。

歳を取ってからロー・スクールを卒業し、弁護士になった。徹底した実利主義者で何よりも利益を重視する。相手の気分に合わせるのが上手で、仮面をかぶり相手に自分の感情を見せることはない。早く出世して苦労人の母親を楽にさせてあげたいと思っている。そのために人知れず、ある計画を企てる。
チェ・セロム役:キム・ジウォン
ジーニアス ビューティーセンターのインターン社員。

離婚後、家を出た父親のせいで厳しい生活を送ってきた。それでも諦めない粘り強さと、まっすぐな性格を持っていて険しい世の中を生き抜いてきた。キツネのような妹インジョンに振り回されているが、ここぞという時には誰にも止められない状態になる。

高校生の時に取得した皮膚管理士の資格を持っていたためビューティーセンターにインターンとして就職。しかしことある毎に小言を言うビューティーセンターの室長ク・ジョンヒとクレーマー ウンジョのせいで大きなストレスを受けている。そんなある日、仇同然の父が莫大なお金を持って家に帰ってきて、生きている楽しさを感じ始める。

会社概要放送番組の編集の基準Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます