KBSWorld
  • 検索する

KBSWorld会員登録
とれたて韓国エンタメ
  • HOME
  • エンタメ情報

エンタメ情報

不慮の事故で亡くなった演技派俳優キム・ジュヒョク 2017年10月31日 17:54


1972年に生まれたキム・ジュヒョクは東国大学演劇映画科を卒業した後、1998年にタレントとしてデビューした。

映画「シングルス」(2013)、「青燕 あおつばめ」(2005)、「妻が結婚した」(2008)、「春香秘伝 The Servant」(2010)、「荊棘の秘密」(2016)など、ロマンチックコメディ映画で人間味あふれた、温かい魅力を見せ、ファンを獲得した。

ドラマ「プラハの恋人」(2015)、「武神」(2012)、「ホジュン~伝説の心医~」(2013)などでは多彩な演技を見せ、視聴者の愛を受けた。

キム・ジュヒョクは今年初めのあるインタビューで『僕は僕自身を飾ることをあまりしない。強がることも嫌いだ。自尊心がかなり高く、他人にこびることは死んでもしない。だから誤解もたくさんされる』と打ち明けた。

彼は最近になってさらに精力的な俳優活動を見せた。4月は映画「興夫」、7月は映画「督戦」に相次いでキャスティングされ、撮影を全て終えた。2つの作品は来年の公開を控えている。最近クランクインした映画「猖獗(チャングォル)」にも特別出演が予定されていた。

彼はわずか数日前の27日に「第1回ソウルアワード」で映画「コンフィデンシャル/共助」で助演男優賞を受賞した。受賞当時、『デビュー20周年にして映画で初めて賞をもらった』と感激した様子で感想を述べていた。
TWICE『日本人気は先輩のKARAや少女時代のおかげ』 2017年10月31日 17:39
映画「1987」キム・テリのスチール写真公開 2017年11月22日 16:48
一覧へ

会社概要放送番組の編集の基準Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます