KBS WORLD

BTSのV、自作曲「Winter Bear」をサプライズ公開…‘RMと共同作詞’

2019年08月13日

男性アイドルグループBTSのVが、ソロ曲「Winter Bear」をサプライズ公開した。
Vは10日、BTS公式SNSとYouTubeなどを通じて初の英語自作曲「Winter Bear」のMVを公開し、歌の情緒を表現した写真数枚も同時に掲載した。
所属事務所Big Hitエンターテインメントによると今回の曲はVと事務所のプロデューサーらが共同作曲し、VとRMが一緒に英語で作詞をした。叙情的なアコースティックギターのメロディで始まり、Vの中低音ボイスが流れる温かい感性の楽曲だ。
この曲には「冬の熊に似ている/君はとても幸せそうに眠ってるね/素敵な夜を過ごせますように (Looks like a winter bear/ You sleep so happily/ I wish you a Good night)」、「僕に挨拶する君の顔を想像する/そしたら悪い日々は僕にとって何でもないと思える/君と一緒なら(Imagine your face say hello to me/ Then all the bad days ther're nothing to me/ With you)」という歌詞が込められた。
VはTwitterで「初めて英語で歌詞を書いた人はここです」というハッシュタグをつけ、「ツアー中にイギリス映画を観て書いた歌詞。RM、手伝ってくれてありがとう」というメッセージを掲載した。
「Winter Bear」のMVにはVがアメリカなど海外の都市や公園を回りながら、写真を撮ったり考え込む姿、自然を満喫しながら散歩や食事をしてリラックスしている姿が、淡い色彩で描かれている。
Vが実際に演出を手掛けたこのMVは、公開から12時間も経たないうちにYouTube再生回数370万回に迫る熱い反響を得た。YouTubeには英語の歌詞を韓国語に翻訳した映像や海外ファンのリアクション映像まですぐさま登場した。
BTSのメンバーはこれまで、ミックステープなど未発売の音源をサウンドクラウドに公開し、それぞれの音楽的な個性と才能をアピールしている。
Vは2017年にRMと一緒に作業した自作曲「4 O'CLOCK」をリリースして、今年1月には一人で作詞作曲した楽曲「風景」を披露した。

エンタメ情報一覧へ 次の記事