KBS WORLD

映画『最も普通の恋愛』、22カ国に配給…‘恋愛映画としては異例的’

2019年10月08日

キム・レウォン&コン・ヒョジン主演の恋愛映画『最も普通の恋愛(原題:가장 보통의 연애)』が、全世界22カ国に販売された。
8日、配給会社NEWによるとこの映画は、オーストラリアとニュージーランド、シンガーポール、マレーシア、ベトナム、台湾、フィリピン、香港など22カ国に配給され、全世界の航空版権も売れたという。
この作品の海外セールスを担当しているコンテンツパンダの関係者は、「恋愛ジャンルの韓国映画が全世界約20カ国に配給された成果は異例的だ。恋愛と職場生活などを基にした笑いが共感を得たようだ」とコメントした。
キム・ハンギョル監督の『最も普通の恋愛』は、恋人と別れた男女の、率直で、はばかりのないリアルロマンスを描いた作品で、今月2日の公開と同時に興行成績2位を獲得し、観客動員数116万人を記録した。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事