KBS WORLD

ヒップホップグループMFBTY、10日に新譜を発売、シナウィのシン・デチョルとコラボ実現

2019年11月08日

ラッパーのタイガーJKとユン・ミレ、Bizzyで構成されたグループMFBTYが今月10日にニューアルバムを発売する。
7日、所属事務所のFeel Ghood Music(フィール・グッド・ミュージック)によるとMFBTYのニューアルバムは10日午後6時に公開され、ヒップホップ、エレクトロニック、ポップなどさまざまなジャンルが融合した7曲が収録された。前作である『WondaLand』以来、4年ぶりのアルバムだ。
特に収録曲の「Dream catcher」はロックとヒップホップがミックスされたクロスオーバーな楽曲で、韓国の伝説的ロックバンド、シナウィのリーダーでありギタリストでもあるシン・デチョルが参加した。
MFBTYはタイガーJKとユン・ミレ、Bizzyを“3Dキャラクター”でモデリングしたアルバムティザー映像も公開した。ボーイズグループ防弾少年団のミュージックビデオを演出したこともあるミュージックビデオ監督のLumpensが演出した。
MFBTYは今年20周年を迎えたR&BデュオFly to the Skyと今月16日から17日のソウル公演を皮切りに、合同全国ツアーも開催する。
韓国ヒップホップ界の大物と呼ばれる3人は2013年にグループを結成し、ファーストミニアルバム『Sweet Dream』をはじめとしたさまざまなジャンルを試みている。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事