KBS WORLD

ソル・ギョング、パク・ヘス スパイ映画『夜叉』にキャスティング

2019年12月05日

ソル・ギョングとパク・ヘスがスパイアクション映画『夜叉(原題:야차)』にキャスティングされたと配給会社SHOW BOXが5日、明らかにした。
この作品は、スパイの最大接戦地である中国瀋陽を舞台に、「夜叉」と呼ばれる人物と特別監察に訪れた検事が繰り広げる物語を描く。
ソル・ギョングは、国家情報院瀋陽支部長「カンイン」役を担った。人食いお化け「夜叉」と呼ばれるカンインは、望みをかなえるためなら手段と方法を選ばない冷酷な人物だ。
ドラマ「刑務所のルールブック」や映画「量子物理学」に出演したパク・ヘスは、瀋陽に左遷された検事「チフン」役を担い、カンイン役のソル・ギョングと対立する。
映画『監獄の首領』を演出したナ・ヒョン監督の新作で、今月中にクランクアップする予定だ。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事