KBS WORLD

オーディション番組の順位操作問題、主導PD2人による真実が明るみに“デビュー組は事前に決まっていた”

2019年12月06日

Mnetのオーディション番組のスタッフが全シーズンにわたり順位圏内の練習生を脱落させ、圏外の練習生を合格させた事実が明らかになった。
検察が5日、韓国国会に提出した公訴状を見ると、シリーズの製作総括を務めたキム責任PD(プロデューサー)は2017年に放送された番組のシーズン2のオンラインおよび生放送での有料メール投票の結果が出た練習生A氏の得票数を操作した。
検察はキムPDが最終デビュー組である上位11人に含まれていたA氏を脱落させ、11位圏外にいたB氏の順位をデビュー組になるよう引き上げた後、操作された結果を番組に流したと判断した。
また番組制作を担当していたアンPDはシーズン2の第1次脱落者の決定当時、順位を操作して合格者と脱落者を入れ変えたという。
アンPDはこれに先立ちシーズン1の放送当時も、視聴者たちによるオンライン投票と観客による現場投票の結果を操作し、練習生2人を入れ替えたという調査結果が出た。
検察の調査の結果、2人のPDはシーズン3や4では最終デビュー組を予め決めて、操作された得票数を抱き合わせる方法を使ったことが明らかになった。
最終回の生放送を控え行われた事前オンライン投票で12位内に入った練習生のうち、2人のPDが望まない練習生が選抜されるのを除外するために予め最終メンバーを決めたと検察は指摘した。
これに先立ちソウル中央地検刑事6部は今月3日、2人のPDを業務妨害と詐欺などの容疑で拘束起訴した。また、同じ容疑でアシスタントプロデューサーを在宅起訴し、背任贈賄などの疑いで芸能プロダクションの関係者5人を在宅起訴した。
アンPDは警察の調査で、当該番組のシリーズ3と4で順位操作を行っていた容疑を認めた。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事