KBS WORLD

SEVENTEEN、米ニュージャージー公演が大盛況、北米ツアーの第一歩を踏み出す

2020年01月14日

ボーイグループSEVENTEENが、アメリカ・ニュージャージー州ニューアークでの公演を成功裏に収め、北米ツアーの口火を切った。
13日、所属事務所のPledisエンターテインメントによると、SEVENTEENは今月10日午後(現地時間)、ニュージャージー州ニューアークのプルデンシャル・センターで「SEVENTEEN WORLD TOUR ‘ODE TO YOU’ IN NEWARK」を行った。
彼らは強烈なオーラの「Getting Closer」で公演をスタートし、「CLAP」、「Don't Wanna Cry」など力強いパフォーマンスを披露した。続いて「Adore U」、「Pretty U」、「Oh My!」で爽やかな魅力を発散したりもした。
ヒップホップユニットとパフォーマンスユニット、ボーカルユニットもそれぞれのカラーが盛り込まれたステージを飾った。
今回の公演はアメリカ8都市ツアーの初舞台で、以後シカゴ、ダラス、ヒューストン、メキシコシティ、ロサンゼルス、サンノゼ、シアトルでツアーを続ける。
2017年行われた北米ツアー当時、3都市を訪れたのに比べ開催地域が大幅に増えたと所属事務所は伝えた。
2015年にデビューした13人組グループSEVENTEENは、韓国はもちろん海外で高い人気を誇る代表的K-POPグループのひとつだ。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事