KBS WORLD

「Leessang」のキル、作詞・作曲したRain(ピ)の「GANG」による著作権収入を小児患者たちに寄付

2020年06月05日

最近、番組活動に復帰したヒップホップデュオ「Leessang」のキルが、大ブームを巻き起こしている歌手Rain(ピ)のヒット曲「GANG」の著作権収入を小児患者に寄付することになった。
キルが作曲した2017年のリリース曲「GANG」は、当時はよい評価を得られなかったが、最近再び注目を集め人気の楽曲となった。
キルは自身が出演中のバラエティ番組のスタッフを通じて、「息子のハウムが、天がくださった贈り物であるように、最近『GANG』に高い関心が注がれたのは、多くの方々からいただいた愛を分かち合いながら生きろという天の教えだと思った」と述べた。
そして「体調が悪くても生活が苦しくて治療を受けられなかったり、ためらっている子どもたちが多いと聞いた」とし、「そんな子どもたちが治療を受け健康に暮らすことができるように、小児患者たちに『GANG』の著作権収入を寄付する」と述べた。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事