KBS WORLD

BTSのJUNG KOOK、自作ソロ曲「Still With You」を電撃公開

2020年06月05日

ボーイズグループBTS(防弾少年団)のJUNG KOOKがソロ自作曲を電撃発表した。
BTSの公式ブログやツイッターアカウントには5日、JUNG KOOKが歌うソロ曲「Still With You」のSoundCloudへのリンクが掲載された。この楽曲はオンライン音楽プラットフォームSoundCloudを通じて無料で公開された。
「Still With You」はBTSの多数のヒット曲を手掛けたBigHitエンターテインメントのプロデューサーPDOGGとJUNG KOOKが共同でプロデュースした。
導入部のおぼろげに聞こえる雨音とジャズ風の寂しいメロディ、JUNG KOOKの美声が調和をなし深い印象を残す楽曲だ。JUNG KOOKは「一緒に笑い一緒に泣き/この単純な感情たちが/僕の全てだったみたいだ/いつの頃か/もう一度君と向き合えたなら/目を見て伝えるよ/会いたかったです」と切実な感情を表現する。
BTSはデビュー7周年を迎え、「2020 BTS FESTA」というタイトルで、今月1日から各種コンテンツをファンたちに披露している。
「2020 BTS FESTA」はBTSがデビュー日の6月13日に合わせて毎年6月初めにさまざまなコンテンツをファンたちに披露する“フェス”だ。
昨年のデビュー6周年のFESTAはメンバーのJINが自作曲「This Night」を発表した。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事