KBS WORLD

BLACKPINK、YouTubeチャンネル登録者数が4880万人突破で世界2位に…1stアルバムへの期待高まる

2020年09月29日

ガールズグループBLACKPINKが世界で2番目にYouTubeのチャンネル登録者数が多いアーティストになった。
所属事務所YGエンターテインメント(以下、YG)によると、BLACKPINKの公式YouTubeチャンネルは29日にチャンネル登録者数4880万人を突破。
アメリカのDJ兼音楽プロデューサーMarshmello(4870万人)を抜き、世界のアーティストによるYouTube登録者数で2位に浮上した。
BLACKPINKより登録者数が多いアーティストはポップスターのジャスティン・ビーバーだけになる。
BLACKPINKは今年6月に「How You Like That」の先行公開を皮切りに、1stアルバムリリースに関する動きを始めてからYouTube登録者が急増。
7月にはアリアナ・グランデを抜き、女性アーティスト1位と全世界5位に上った後、エミネムやエド・シーランを次々と抑え、スピーディーに順位を高めた。
YGによるとBLACKPINKのYouTubeチャンネル登録者数はここ3か月間で800万人増加した。
シングル「How You Like That」の公開後に約450万人、2ndシングル「Ice Cream」の公開後は約350万人増加。
YGは「YouTubeの登録者数はコンテンツに対する単なる好奇心やその場限りの視聴ではなく、忠誠心の高いファンの絶え間ない関心と期待を示すしるし」だと意味付けた。
BLACKPINKは来月2日に1stアルバム『THE ALBUM』の音源とタイトル曲「Lovesick Girls」のMVを公開する。
2018年にアメリカのユニバーサル・ミュージック傘下レーベルのインタースコープ・レコードと契約し、グローバルなグループとして成長してきたBLACKPINKが初めて披露するフルアルバムであるために関心を高めている。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事