KBS WORLD

BTS&Coldplayの「My Universe」がビルボードGlobalチャート上位圏キープ…「HOT100」ランキングにも期待

2021年10月19日

ボーイズグループBTS(防弾少年団)とロックバンドColdplay(コールドプレイ)が共に歌唱した楽曲「My Universe」がアメリカ・ビルボードの主要チャートで上位圏を守っている。
ビルボードが18日(現地時間)に公開したチャートによると、この楽曲は「Billboard Global 200」や「Billboard Global Excl. U.S.」チャートでそれぞれ9位と8位を獲得した。
「Billboard Global 200」の順位は前週(5位)より4ランクダウンしたが、依然として10位圏をキープしている。
ビルボードは通常、アメリカ現地基準の月曜日に主要チャートの上位10位の楽曲を先行発表した後、火曜日にチャート全体の順位を公開しており、「Globalチャート」は世界的な人気曲の流れを集計するために昨年9月から運営されている。
「My Universe」はメインシングルチャート「HOT100」でも上位圏にとどまるものと予想される。
「HOT100」はビルボードの主要チャートのうちのひとつで、音源ダウンロードおよびフィジカル盤の販売量、ストリーミング回数、ラジオオンエア回数などを合算し、アメリカで最も人気のある楽曲の順位を集計している。
「My Universe」は発売初週にヒップホップの新星ザ・キッド・ラロイ (The Kid Laroi)とポップスターのジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の「Stay」を抑え1位で初登場した。前週には12位を記録し、今週も20位圏前後をキープするとみられる。
ビルボードによるとこの楽曲は、直近1週間で最も多く売れた曲「トップ・セリング・ソング」部門で2位を記録した。
Coldplayは同日、BTSのメンバーSUGAがリミックスしたバージョンの「My Universe」を公開した。
ColdplayはSNSを通じて、YouTubeでの動画を紹介しながら、「こんなに素晴らしいリミックスをしてくれたSUGAに感謝する。優れたプロデューサー(We’re so grateful to SUGA for this glorious remix. A BRILLIANT producer on top of everything else)」だと称賛を惜しまなかった。
このツイートでColdplayはSUGAの本名である“ミン・ユンギ”に言及したハッシュタグ「#YOONGI」を付けたりもした。
一方、ガールズグループBLACKPINKリサのソロ曲「MONEY」もビルボードの「Globalチャート」で10位圏にランクインした。
この楽曲はアルバム『LALISA』に収録された楽曲のうちの一曲で、中毒的なサビと強烈なヒップホップサウンドがファンたちの関心を集め、「Billboard Global 200」チャートで10位、「Globalチャート」で7位をそれぞれ記録した。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事