KBS WORLD

“音源クイーン”IUの新曲「strawberry moon」、音源チャートの首位に…イ・ジョンウォン出演のMVも話題

2021年10月20日

女性ソロ歌手IUが19日にリリースした新曲「strawberry moon」が音源チャートの首位を獲得した。
所属事務所のEDAMエンターテイメントによると、この楽曲は同日午前11時調べでMelOnの「トップ100」チャートの1位を記録したという。
「strawberry moon」は今年3月にリリースされた5thアルバム『LILAC』以来、約7か月ぶりとなる新曲。繊細なボーカルと夢幻的なシンセサウンドが加わったポップロックジャンルで、軽快なリズムと随所に盛り込まれたエレクトロニック要素が調和を成しているのが特徴だ。
IUはこれに先立ち、「Zezé」や「Red Queen」などの楽曲でタッグを組んだ作曲家イ・ジョンフンとともに作曲した。作詞はIUが単独で務めた。
「strawberry moon」のMVの演出は、「LILAC」で多彩な映像美を作り上げたクリエイティブグループ「flipevil」が務めた。MVには人気ドラマなどを通じて注目を浴びた新人俳優イ・ジョンウォンが出演。
所属事務所は「出すアルバムごとに詩的な表現やずば抜けた作詞スキルを見せたIUが、今回の新曲でも独自の温かな感性を盛り込んだ」とし、「リスナーに深い感動と没入感を届ける」と紹介した。
またIUが、午後6時に発売するという歌謡界の慣行を破り、午前0時に新曲をリリースした点も目を引く。
MelOnチャートは今年8月、直近24時間と1時間の利用量を50対50の比重で合算した「トップ100」チャートに改編された。しかし、ユーザーが少ない午前1時から7時までは直近1時間の利用量を反映せず、直近24時間の利用量を100%の比重で反映させ順位を決める。
午前0時に新曲を出せば、1時間ごとにアップデートされる「トップ100」チャートにおいて直近24時間の累積利用量が蓄積された既存の楽曲と戦うことになり、ランクインするのはそれだけ難しくなる。
所属事務所の関係者は「曲のタイトルが『strawberry moon』で、“月”が入っていたため、夜に鑑賞するのに良いという趣旨で、午前0時に発売することにした」とし、「初期チャートで不利な順位になるかもしれないが、考慮済みだ」と述べた。

前の記事 エンタメ情報一覧へ 次の記事