KBS WORLD

BTS、米ホワイトハウスに招待「とんでもないことが起きた」…バイデン大統領と歓談へ

2022年05月27日

ボーイズグループBTS (防弾少年団)が「アジア系アメリカ人・ハワイ原住民・太平洋諸島民 (AANHPI)の遺産の月」を迎え、アメリカ・ホワイトハウスに招待されたことと関連し応援を呼びかけた。
27日、歌謡界によるとBTSのリーダー、RMは前日夜にファンコミュニティWeverseを通じて、「とんでもないことが起きるが、良いことで行ってくるので無事に行ってくる」とし、「この前アメリカを旅行した時、(ホワイトハウス)の少し離れたところだけ見てきたが、入ってみることになった」と感想を明かした。
彼は「いつもではないが皆さんが話してくれる言葉をすべて知っていて、また聞いて見ているのであまり心配しないで欲しいと申し上げたい」とし、「無事に行っていて6月に笑ってお会いするようにする」と付け加えた。
また「皆さん (ARMY、BTSのファン)のおかげで行ってくるので、(今回の日程は)皆さんのものでもある。たくさん応援してほしい」と述べた。
所属事務所のBIGHIT MUSICは「バイデン大統領からホワイトハウスに招待され大きな光栄」だとし、「BTSが韓国アーティストを代表し、バイデン大統領と歓談をするだけに包容、多様性、アジア系を対象にした憎悪犯罪、文化・芸術全般にわたり多様な話を交わすことができることを期待する」と伝えた。
BTSはユニセフと全世界に希望を伝える“Love Myself”キャンペーンを行い、「黒人の命も大切だ (BLM·Black Lives Matter)」キャンペーンにも参加するなど、全世界に善良な影響力を及ぼすという評価を受けている。新型コロナウイルス感染症の事態後には、反アジアン嫌悪犯罪の話題にも声を出した。

エンタメ情報一覧へ 次の記事